消費者が興味を持つ情報を届けよう

岩松勇人は、SNSは、プロモーションに利用できると考えているようです。
お得な情報を、たくさんSNSに掲載するのが良い方法です。
セール期間のお知らせや、クーポン券を配布するのが良い方法です。
お得に商品を購入できると聞くと、興味を持つ人が増えます。
SNSには、簡単に情報を発信できる面がメリットです。
新商品を売りだす直前に情報を発信しても、みんなが気づいてくれないかもしれません。
早く消費者に気づいてもらうためには、前から情報を伝えておきましょう。
SNSなら、伝えたいと思った時にすぐ投稿できます。

お店を経営している人であったら、位置情報を伝えるのも良い方法だと岩松勇人は考えます。
立地条件があまり良くない場所で経営している場合は、特に位置情報の宣伝が重要です。
目立たない場所や入り組んだ場所にあるお店は、お客さんを呼びにくいと言われます。
地図や目印になるものをSNS上で公開することで、興味を持ったお客さんが迷わず行けるでしょう。
駅からの道順を、写真と共に説明するのがおすすめです。
お客さんが来やすいよう、SNSをうまく使ってください。

動画を配信するのも良い方法です。
写真だけでは、新商品の説明をしても伝わらないかもしれません。
動画なら、よりわかりやすいですし興味を持ってくれる人が増えます。
動画を投稿できるSNSを利用しましょう。
それぞれのSNSによって、投稿できる動画の時間が変わります。
長時間の動画を投稿できるSNSもありますが、長すぎる動画はおすすめできません。
短い動画にしないと、見ている人が飽きます。
本サイトでは上記のでお伝えした様な、岩松勇人が教えたSNSプロモーション戦略を紹介していきます。

プロモーションに欠かせないSNS

どんなことをSNSに投稿すれば良いのでしょうか。 適当に使っていても、経営状態を向上させられません。 消費者がどんなことを必要としているか、関心を持っているかを踏まえて内容を決めましょう。 そのため、セール期間のお知らせやクーポン券の配布が良いでしょう。 すると商品を購入してくれるかもしれません。

どこにお店があるのか伝えよう

わかりにくい場所にお店があると、来てくれる人が少なくなります。 SNSを利用して、お店の場所を案内してください。 目印があれば、それを頼りにお店まで到達できます。 興味を持ってくれた人が迷子になったら大変なので、SNSで地図を用意しておきましょう。

SNSの種類を調べよう

たくさんのSNSがあります。 その中には写真以外に、動画も投稿できる種類があります。 写真だけではわかりにくいと思った時に、動画を投稿してください。 新商品の使い方の説明などは、動画の方が良いと思います。 動画を投稿する際は、長すぎないよう注意しましょう。

▲ページTOPへ戻る