どこにお店があるのか伝えよう

案内するためにSNSを使う

SNS上で、お店までの地図を公開する人が見られます。
地図があれば、多少分かりにくい位置にお店があっても問題なく辿り着けるでしょう。
最寄りの駅やバス停からの道を、SNSで紹介しておきましょう。
SNSは、気軽に誰とでもコミュニケーションを取れる面がメリットです。
お店の位置に関して、質問を随時受け付けても良いと思います。

お店に関して質問されたら、すぐ応じてください。
分かりやすく丁寧に答えることで、信頼できるお店だとアピールできます。
お店の位置が悪いことが原因で、お客さんが来ないと思っている人が見られます。
しかしSNSを活用することで、場所を説明できるので諦めないで
ください。
具体的な道順を説明することが重要です。

目印を説明するのがおすすめ

お店の周辺に、目印がないか探してください。
SNSでいくつか目印を説明すれば、それを頼りにお客さんが来てくれると思います。
大きな看板や、建物があればSNSに掲載しましょう。
建物が見えたら角を右に曲がるなど、説明も忘れずに添えてください。
そのようにSNSを、道案内のために使用しても良いですね。

看板や新しいメニューを作ったら、SNSで紹介してください。
新メニューがあれば、お店に行きたいという気持ちになると思います。
お店の前に看板を出せる決まりになっていたら、必ず出してください。
周辺に来たお客さんが、看板を目印にお店に入ってくれます。
看板があることも、SNSで伝えておきましょう。
どんな看板なのか、写真も掲載してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る